読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬・重賞予想してみました

血統を軸に調教師や騎手といった人的要素を加味してのんびり予想

函館スプリントS

1フギン藤田
2メイショウイザヨイ太宰

3△アンバルブライベン田中健
4ヒラボクプリンス藤岡康
5エーシントップ川須
6◎ローブティサージュ三浦
7コパノリチャード武豊
8△タガノアザガル松田
9△ティーハーフ国分優
10△サトノデプロマット和田
13△レンイングランド菱田
14○スギノエンデバー岩田
15クールホタルビ水口
16△アースソニック丸田

本命は去年の2着馬、ローブティサージュ
短距離路線変更直後の去年と違って、
今年は、ここに向けて調整、とあれば、
連は外さない。
対抗は、岩田騎手で勝負と見たスギノエンデバー。
斤量が重いけれど、溜めれば斬れる。
アンバルブライベンにハイペースを作ってもらえれば。
前が残るなら、そのアンバルブライベン。
朝日杯5着の素質馬が、波に乗るティーハーフ。
同じく連勝中のサトノデプロマット。
去年6着も、前走の直線競馬で良いところを見せたアースソニック。
58キロのコパノリチャードより52キロのタガノアザガル、
同じく3歳のレンイングランドも怖い。


馬連6から14、3、9、10、16、8、13