読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬・重賞予想してみました

血統を軸に調教師や騎手といった人的要素を加味してのんびり予想

菊花賞

1○カフジプリンス岩田
2ジョルジュサンク幸
3◎サトノダイヤモンドルメー
4△シュペルミエール北村宏
5ミライヘノツバサ藤岡佑
6△ディーマジェスティ蛯名
7レッドエルディスト四位
8ミッキーロケット和田
9イモータルヴェロ
10▲ウムブルフ浜中
11△レインボーライン福永
12コスモジャーベ丹内
13エアスピネル武豊
14アグネスフォルテ松山
15サトノエトワール池添
16プロディガルサン田辺
17△ジュンヴァルカンMデム
18マウントロブソン川田

予想するのが一番楽しいレースが、今年もやってきました。
本命はダービーに続きサトノダイヤモンド
春のクラシックは噛み合わないレースで戴冠はなかったが、
前走を見ると付け入る隙はもうなさそう。
唯一ディープ産駒ということだが、ある程度前に付けられる脚質で
キレだけで勝負するタイプでもないので問題なし、と見た。
対抗カフジプリンスの前々走オープン特別6着は
前残りの展開の中、大外を回してのもの。
去年のジャパンカップ4着馬でもある3着のジャングルクルーズとは
たったの0.1秒差。力は遜色ない。
神戸新聞杯では、勝負所の4角で反応が鈍く、
上位2頭には置いて行かれたが、
バテることなく、勢いがついた最後は、3着のレッドエルディストをあっさりと交わそうとする勢いだった。
岩田騎手がインでじっとできれば、頭もあると思う。
単穴評価はウムブルフ。
前走はモレイラマジックで、縦長の展開を一気にまくり、
もったままで5馬身突き放す快勝。
たしかに、相手が弱かったが、浜中騎手なら何かやってくれそう。
母父Monsunというのも魅力たっぷり。
あとはジュンヴァルカン。
とにかく相手なりだが、前走ヤマカツライデンを差した脚は本物。
休養明けと外枠というマイナスポイントがなければ、
デムーロ騎手、さらに乗っている友道厩舎でもあり、もっと高評価したかった。
札幌記念の上がりがすごかったレインボーラインも距離を持たせることができれば。

シュペルミエールも底を見せていない魅力あり。
取捨が難しいのがディーマジェスティ
来ても4着と思うのだが、念のため押さえ。
夏から使い続けのミッキーロケットは、さすがに上昇の余地が無いと思い無印。
エアスピネルは春からマイルがベストと思っているので無印。 
馬連3から1、10、17、11、4、6